検索
  • konohana

巷の流行病の予防について

2年半前から、私が一貫して行っているアーユルヴェーダ処方をご紹介します。


(予防時)

〇手洗い、うがい、鼻洗い

 ・手洗いは普通のハンドソープで可

 ・うがいはイソジン、もしくは普通の水(常在菌を殺すといやなので

  2回に一度は水でうがい 帰宅後)

 ・のどがイガイガ、気になるときは

  お湯(大体うがい3回分)にクローブの実(2コ)+ターメリック少々

  一ふり 5分置く

  茶こし(不織布のお茶パックが良い)で濾してからうがいする。

 ・起床後の舌磨き、口ゆすぎ

 ・外出先から帰宅後の鼻洗い(Neilmed サイナスリンス)→鼻腔を洗う、これ大事!

  鼻が詰まり気味、炎症気味の時は朝晩2回行う。


〇外出前(特に遠方へ行く、出張、三密可能性等はマスト)

 ・アヌタイラを塗る(鼻腔に綿棒で塗り塗り)→気休めも含むウィルスシャットアウト


〇ハーブティ 朝晩2回

 ・トゥルシー(レモングラスを足せば尚ベター)

 ・モリンガ

 ・お湯にクミンシード、コリアンダーを入れて5分くらい置いて飲む

 ・ゴールデンミルク(150mlの牛乳or豆乳にターメリック小さじ2、好みで黒糖か

  てんさい糖、冷めたら生はちみつでも可)を飲む




〇サプリメント

 ・シヴァ 

  アーユルヴェーダ統括のインドのアーユス省が推奨する感染症予防ハーブをもとに

  日本で無農薬栽培されたものを使用し、アーユルヴェーダビューティカレッジが

  国内生産したもの。 一日一回10粒 服用 

  トゥルシー、春ウコン、モリンガ、シナモン、生姜、ヒハツ他


(罹患時)

〇ハーブティは同じ

〇ハーブ 

 ・グドゥチ+ピッパリー 朝晩2回摂る。 i-Herbさんのサイトでグドゥチはサプリ

  あります。ピッパリーは長胡椒ヒハツとも言います。スーパーにあります。

  こちらは、アーユルヴェーダ統括のインドのアーユス省が出したプロトコルに載って

  いたものです。

 ・アシュワガンダ 朝晩3~5gを摂る。 Vataを沈めるハーブ。主に無症状、予防にも

  使います。こちらもi-Herbさんにありましたね。私はサフランロードさんのを飲んで

  います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◎発熱時はカロナールなどのアセトアミノフェンを処方されると思うので、とりあえず

 熱を下げるよう努めてください。

◎大切なのは、体内から早くデトックスをし、自己免疫力を高めること。特にお注射を

 打った方は、自己免疫力低下傾向にあると言われますので、規則正しい生活、食事に

 気をつけ、そして免疫を高めるものを摂ってください。


◎何かご不明な点がありましたら、お知らせください。当サロンにはトゥルシー茶、

 モリンガ茶、顆粒、シヴァサプリ、アヌタイラ(チャクラパニ アーユルヴェーダ

 クリニック製)は常時在庫あります。

 lakshmi.aveda@gmail.com


最後に。。。

 外出一つにも面倒くさい世の中になってしまいました。が、私は最低限のガードを

 しながら毎日過ごしています。マスク要らなくても、ウィルスに負けない体作りを

 したいものです。




 







閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示