top of page
検索
  • 執筆者の写真konohana

井上正康先生講演会のご案内

大阪公立大学名誉教授のドクター

井上正康先生は、3年前から

流行病お注射の安全性に疑問を持

ち、数々の症例や研究をもとに

SNSや著書などで情報公開されて

います。

このたび香川県で初めて講演をさ

れることになり、今回はそのご紹

介です(^-^)





ワク〇ン被害認定救済制度という

ものがあります。これは先の大戦

後、様々な予防接種を受けることに

より、一定数の人々が副反応や副

作用を起こしてしまい、健康的で

且つ文化的な人生を送れなくなっ

たり、命を落としてしまったり

するのに対して被害を受けた方々

を救済するという制度です。

インフルエンザやおたふく風邪

など多少なりともお注射を受ける

ことにより残念ですが被害を受け


てしまう方がいらっしゃいます。


2024年1月26日の厚労省の発

表で、新型コ〇ナお注射に

よる申請件数が10090件に

なり、わずか3年で一万件を

超えてしまうという事実が

判明しました。これまで認定

されているのは400件余り。

現在も毎日申請は増加してお

り、この制度によって亡くな

られた方には約4400万円

(場合による)国から一時死亡

金、見舞金等として支払われま

す。これから先、ますます人数

が増えてしまった場合、その

財源は私たちの税金に回ってき

ます。

個人的にはもはや遅しと落ち込

みますが、この現実を知り、個々

が理解していかねば、未来の私

たちの負担は膨大なものになり

ます。


一人でも多くの方が聴いてくだ

さるのをを願っております。

一人でも多くの方が目の前の

現実に向き合い、考えていただ

けることを祈っています。


講演会申し込みは


最後に、当該注射の履行に対して

反対声明を公言している政党は

現在、参政党さんだけです。

今回ブログを書くにあたり、入党

等の勧誘行為をするつもりは一切

ございません。誤解のないように

お願いいたします。






閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page