top of page
検索
  • 執筆者の写真konohana

アーユルヴェーダセラピー

更新日:2月7日


インドの伝統医学の考え方をもとに

したセラピーを受けてみませんか。

心と体のバロメータを測り、どの

くらい健康なのかを確認する方法が

あります。そして、もし健康でなか

った場合や不調を感じたならばそれ

を改善する方法もあります。


アーユルヴェーダはおよそ5千年の

歴史を持つ、世界三大伝統医学の

一つです。自然療法、ホリスティッ

ク医療などの部類に入りますが、

本来は病気にならないような生活方

法や薬に頼らない生活を目指します


昨年まではHot Pepper Beautyにも

掲載をしていた関係で、NGワード

に敏感になったり(結構削除依頼来

ていました)遠慮していたこともあ

りました。今年は10周年という節目

もあることで、今後は自分に素直に

仕事をしていこうと決めました。

恐らく、SNS上では削除(掲載禁止

)になったり、お客様の中には、

賛同していただけずに去って行かれ

る方々も出てくると覚悟はしていま

す。


しかしながら、この先の未来を考え

た時に、現実に今大変危惧するべき

状況に私たちはいるのかもしれない

と昨年から感じています。



--------------------------------------------------

■3年前、突如発生した感染症に罹患し、後遺症で辛い思いを

している方はいますか。

■その突如発生した感染症を防ぐために接種するお注射の

後、辛い思いをした方はいますか。そしてその辛い思いが

現在もずっと続いている方はいますか。


厚労省は当初、そのお注射を打てば

、当該感染症にかからないと言いま

した。でもやっぱりうつっちゃう人

が増えました。


次に、注射を打てば症状が軽いと言

いました。ところがその注射を打つ

と熱が出たり、気分が悪くなったり

する人が増えました、もちろん打っ

ても38度後半の熱が出て、咳もひど

くなる高齢者はたくさんいました。


今度はなぜか2~3ヶ月に一回ずつ

接種しないといけないような論調に

なっていました。インフルエンザも

そうですがこれまでのお注射でそん

なに頻繁に打つやつってありました

か?


なぜそんなに注射打たなくちゃいけ

ない世の中になったのでしょうか。


最近では他の感染症(帯状疱疹、

肺炎球菌など)の予防にとさらに

注射を打たせたがっている厚労省。


私たちは神さまから、

自然免疫

というものを生まれながらにして

授かっています。


アーユルヴェーダは大昔からある先

人の知恵の宝庫。

こんなに注射しなくても良い体を

つくるメソッドが絶対にあるんです


そりゃ人間だもの。老いには勝てま

せんが、少しでもその老化を先延ば

しにするための知恵もあります。

-------------------------------------------------

深く学びたい方には

ライフ講座がおススメ!


個別の対応にはぜひアーユルヴェー

ダセラピーをご利用ください。

60分 3300円(税込)

ドーシャチェックリスト診断、結果付












閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page